マドンナ

マドンナで避妊望むヒューマンへ

 

 

避妊に失敗し手入れピルを飲みたい状況でも急に医者お越しが出来ない項目ってありますよね。

 

医者が空いている時間にやはり稼業が休めない、
週末や祝日で医者が休み、

 

こんな時に手入れピルを常備しておけば心理的にまったく楽になります。

 

妊娠を薬を常備し自分で回避出来るならば、大きなメリットになります。

 

マドンナはノルレボ錠のジェネリックで厚生労働省の許可は受けていないものの日本で処方されるノルレボ錠のジェネリックだ。

 

ノルレボ錠と同じ元凶、おんなじインパクトのお薬を人輸入で購入すれば安く買う事が出来ます。

 

マドンナ服用までのスパンが早ければ早い程避妊インパクトがあり手っ取り早く呑むのが重要なポイントいなります。

 

避妊に失敗してしまった不安なままマドンナを服用する事で妊娠を回避出来る危険はとても高いです。

 

 

マドンナは2錠で1回分の薬

 

マドンナはイマージェンシー避妊薬で性交後72スパン以内に1錠を服用します。2回瞳は12スパン後に服用だ。

 

マドンナの1錠の元凶はレボノルゲストレル0.75錠だ。
1錠瞳のマドンナを飲んで12スパン後に2錠瞳を飲みます。但し12スパン以上離してはいけません。

 

72スパン以内に服用になると効果は目途出来ませんので可能時間には注意しましょう。

 

 

マドンナというアイピルの違い

 

アイピル1錠に配合されているレボノルゲストレルの容量は1.5mgでマドンナのレボノルゲストレルの容量は0.75mgだ。

 

幾分の容量を2回に分けて服用しますのでアイピルで反応を著しく見まがうヒューマンにはマドンナの服用をおすすめします。

 

マドンナの反応

 

マドンナの元凶はレボノルゲストレルという黄体ホルモンだ。

 

多量のホルモン剤を服用するので反応が起きる可能性もあります。

 

主な反応の事象

 

腹痛、疲労、吐き気、むくみ、乳のハリや疼痛などです。

 

ピルには血栓症になるケー。
頭痛が思い切り強かったり手足の痺れなどの事象が出現するならばたちまち医者受診してください。

 

マドンナ服用のクチコミ

 

マドンナを飲んで反応はありませんでした。
前にコンドームが飛び避妊失敗して医者でもらった事があり、後日通販で買い用意しておいたので良かったです。
持っているのと欠けるのと精神的に大違いだ。

 

妻科でもらった手入れピルと同じ元凶という事でマドンナを買いました。一概に避妊出来ましたので何も問題ないです。

 

アイピルを飲んだ事があるのですがアイピルでは反応で吐き気がひどかったのでマドンナを購入しました。
マドンナは吐き気が有効だったので我々にはアイピルよりもマドンナの方が合っているのだと思います。