避妊の種類としかた

避妊には複数のバラエティーがあります。受胎を望まないならば出来るだけ確実な避妊をしたいですよね。

 

仮に避妊に失敗して中絶に関してになれば女性だけが身体に損害があります。男性が責任を取るのは中絶プライスの対価の場合だけ。

 

こうした情況が起きてしまうために避妊のポイントを知っておきましょう。

 

コンドーム

 

 

最高峰身近にある避妊ポイントだ。薬屋やコンビニで安く簡単に購入する事が出来ます。
旦那の性器に着けて精子がコンドームの中に貯まり膣気持ちへの潜入を防ぐ事で受精に至らないように行う。

 

望まない受胎を防ぐとともに性感染症の警備も出来ます。

 

装着しても性行為の途中で破れたり外れたりする事もあり避妊に失敗してしまう事もあります。

 

避妊オペ

 

 

卵管結紮

 

女性は卵管結紮と言います。卵管を糸で結わえる事で受精以後子宮に到達するのを害します。
帝王切開のお産を2回、3回と増やすという子宮が破裂する危険が伸びるので帝王切開のオペところ卵管結紮をするケースがあります。

 

精管結紮

 

精子が通り過ぎるコースを縛ります。精液は作られますが精子がその中に入っていない状態になります。それで性行為自体は出来ます。

 

又もや受胎したいと願っても難しいです。

 

出だし体温

 

 

毎朝決まった時間に体温を図り排卵期をわかる事で避妊やるポイントだ。
母親体温計は薬屋で買えますし反発もなく単純だ。ただし外圧や過労も体温は転じるので排卵が正しく思い付か時があります。

 

IUD(子宮気持ち避妊マテリアル)

 

 

子宮の中に器具を入れて受精卵が子宮気持ち膜に着床やるのを防ぎ避妊やるポイントだ。母親科で医者に取り計らい行う。IUDには複数のバラエティーがあり銅、薬剤が付いている品があります。

 

IUDの魅力

 

奥様のアイデアではおる事が出来ますし授乳取り分け利用出来ます。
まず着ければ数年着けたままで話す事が出来ます。

 

着けた以後下腹痛、出血、おり物質等の様子が起きる場合があり様子が強すぎるという感じたら又もや来院が必要です。

 

定期健診が重要

 

取り計らい後はふさわしい周辺におけるか確認するために定期健診を受けなくてはなりません。気が付かないうちに取れている事もありますので何かいつもと違うという感じたら間もなく来院した方がいいでしょう。

 

IUS

 

IUSは子宮の中に加える器具だ。黄体ホルモンが子宮に発光され子宮気持ち膜を薄くする方法で避妊効果は高いです。

 

奥様のアイデアで取り計らい出来ます。

 

産婦人科での挿入して下さい。IUS取り計らい後は定期健診が必要です。規則正しい周辺におけるか診て下さい。もしも脱出していると思った様子があればすぐ来院ください。

 

膣外射精

 

射精の前に旦那の性器を膣から引き抜く事ですがこれは避妊とは言えないだ。